βでみる債券ファンド


βでみる債券ファンド
(以下、モーニングスターより抜粋)
σ(シグマ、標準偏差とも言う) :小さい方がインデックスに近い
 この数値が高い程、ファンドのリターンのぶれが大きくなります。例えば、同一のリターンが期待される2つのファンドがあった場合、σが大きいファンドほど期待したリターンからカイ離した結果となる可能性が高くなります。
β(ベータ、β値ともいう) :1.00に近い方がよい。
 βは、個々のファンドが市場指数(ベンチマークとも言い、モーニングスター社では、東証1部全銘柄の時価総額の相対指数であるTOPIXを使用)に対し何倍の値動きをするかという値。 βはファンドが市場の変動に対し、どれぐらい敏感に反応するかを示す値とも言えます。 例えばTOPIXのβ値=1.00ですが、この時Aファンドのβ値=1.15であれば、相場上昇時にはAファンドの値上がりはTOPIXより15%高くなる反面、相場下落時には15%余計にTOPIXより値下がりすることを意味します。
(ココまで抜粋)
この方法で海外債券ファンドと海外株式を見てみる


モーニングスターの場合
1.三菱UFJ 世界国債インデックス(年1回)  →評価無し、なぜかオールインデックスと比較している
2.STAMグローバル債券インデックス    →評価無し、なぜかオールインデックスと比較している
3.PRU海外債券マーケット         →ベータの値 「0.19(1年) 0.14(3年) 0.03(5年) 」
  http://www.morningstar.co.jp/new_fund/sr_detail_snap.asp?fnc=54314013
↓ モーニングスターが信じられなくなったので別のサイトで検索してみた。
  (PRU海外債券インデックスとそれほど大差が無いように思えたので別のサイトで調べた)
■楽天証券
 ■PRU海外債券マーケットパフォーマ
 http://fund-station.rakuten-sec.co.jp/funddetail/showReport.asp?ID=JP90C00032A9
 ベータ:ベータ(β) 0.9(半年) 1.1(1年) 1.1(3年) 1.0(5年)
 モーニングスターより信頼できそうなので楽天証券で再度確認しなおします。
 1.三菱UFJ 世界国債インデックス(年1回)
  →ベータ(β) — 生存期間が短いため記載無し
 2.STAMグローバル債券インデックス
  →ベータ(β) 0.9(半年)
 3.PRU海外債券マーケット        
  →ベータ(β) 0.9(半年) 1.1(1年) 1.1(3年) 1.0(5年)
 4.中央三井外国債券ファンド
  →見つからず(楽天証券に記載されていないため)
   その他、投信SC、DFC、フィデリティ、中央三井アセットを確認したけど
   期間ごとのベータが記載されていることは無かった。
   (間違えてイートレードでも探してしまいましたが、取り扱っていませんでした)
 5.グローバルソブリンオープン
  →ベータ(β) 0.8(半年) 1.0(1年) 1.0(3年) 0.9(5年)
 やっぱりグロソブだけチョット劣っている。
 レーティング(リッパースコア)という評価も楽天証券では行っているが、経費率2(5が最高!)と低めの評価になっている。
■そのほかのファンドのレーティング
□STAM:3年間運用されていないためナッシング
□PRU海外債券マーケット
 トータルリターン 4
 収益一貫性    3
 元本保全性    3
 経費率      5(運用費用が0.7%をきったら5点?)
楽天証券で面白いと思う点がいくつかあったので(@@;
1.基準価額のみと分配金+基準価額の両方の表が表示されるのでパフォーマンスが見やすい。
(本来は分配金を出してほしくないのですが・・・)
2.信託報酬(税込み)でソートできる。
3.(参考までに)リッパー格付けが表示できる
1,2,3について、フィデリティー証券には無い機能です。
「2」がファンドを扱う証券会社に超重要な機能だと思います。
・・・が、しかし、信託報酬費用でソートができてしまうと、わざわざ信託報酬機能の高いファンドを買う人がいるのだろうか?(いなくなることは無いけど少なくとも減ってしまうと思う。)
ちなみに、びりケツ 3ファンド証券会社はどのようにしてこんなファンドを売っているのだろう。。少なくとも購入者側が儲かるファンドではない。窓口会社や投資会社が儲かるファンドにできているのでは?
びり3位 1.6485% エマージングソブリンオープン1年決算型(国際投信)
びり2位 1.659%  シュローダアジア公社債ファンド
びり1位 1.68%  AIG新成長国債券プラス

ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理 ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
(2007/05/25)
バートン マルキール

商品詳細を見る

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ ← 面白いと思ったらクリックをお願いします!○| ̄|_

2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    モーニングスターはTOPIXとβを比較していますでおかしくないと思います。
    あと、基本的にβは低い方が良いと思います。
    なので、グロソブが劣っていると言う認識は違うと思うのですが・・・・・。
    ただ、高いんですが。

  2. SECRET: 0
    PASS: 0f0d6889ad3f869fc4bd7c2286c1c1d6
    もうすこし、考え直してみます。
    モーニングスターは、ベータをTOPIX一本にしているのかな。。
    そうするとさすがに債券系はベータから大幅にずれてしまうのかな・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください