ciscoルータメモ/control-planeコマンドについて



ciscoルータのcontrol-planeコマンドについて

control-planeコマンド自体昔からある内容で、スイッチなどの中央制御部向けのトラフィックをどうやって制御するかといったものをチューニングする際に利用します。
いえいえ、通常時はそんなコマンドを利用しませんし、基本的にいじらないで良ければいじりません。だってそんな設計しませんゴニョゴニョ。

参照URL ココ

  • Quality of Service Commands
  • Cisco IOS quality of service (QoS) commands are used to configure quality of service, a measure of performance for a transmission system that reflects its transmission quality and service availability.
  • ルータのパフォーマンス測定に対するQoSに利用されるIOSコマンドとして利用される。
  • CISCO IOSにおける QoSコマンドで利用される。
    転送システムやサービス利用に関するパフォーマンス

Usage Guidelines → 利用ガイド
After you enter the control-plane command, you can apply a control-plane policing (CoPP), port-filter, or queue-threshold policy to police traffic destined for the control plane. You can define aggregate CoPPs for the route processor (RP) and configure a service policy to police all traffic destined to the control plane:
「control-plane」コマンド投入後、control-plane policing (CoPP)を適用することによりコントロールプレイン向けのPortFilterやポリシートラフィック制御に適用することができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください