SEプロジェクトの破綻寸前。 (3)



以下で「SEプロジェクトの破綻寸前」についてのブログを書きました。
SEって何?SEって何だろう?顧客視点でユーザーに技術を提供して安定して
稼動して喜んでもらえることがベストだと思いますが、ココにたどり着かない。
「嗚呼、たどりつかねぇ。くだらねぇ」っという言葉ばかりの最近です。
もちろん、「顧客のために何かをしていること」これが一番ですが、
社内で、「俺が思っているものとお前が作っていることが違う」とか、
言い方もアホデ、周りのモチベーションをそぐことしかできない。
終いには、クライアントから「XXさんは、言い方さえ良ければいいのにね。
アレで、かなりマイナスポイントあるよね。」なんていわれる始末。
本当に恥ずかしいし、顧客に出したくない。つーか、自分の上でいて
欲しくない。
そんな人と働いていますが、今回もやってくれました。
お恥ずかしいマン「作業を割り振りたいんだけどさ・・・・」
■お恥ずかしいマン 作業1割
■矢向 3割
■派遣さん 6割
矢向「・・・・・・・・・・・・・・・?」
クライアントさん「普通に、お恥ずかしいマンさんは、AとBとCの作業はやるんだよね?」
おはずか…「ハイ」
矢向「ええっ???」さっきまで、どう考えても僕が、無理な中で押し付けようとしていませんでした??本当に恥ずかしいです。何で内弁慶なんだっけ?こうして、全体を見てみると何が可笑しいかがかなり分かり易かったです。
色々自分が納得しない品質でも、プロジェクトを通してトータルで、回すことがリーダーの仕事です。
当たり前のことを当たり前に進めるための検討をする必要があります。
今まで、ブログで表現できなかったので、悶々としているうちに忘れたのですが、「何がダメなのか?」なんで、こうなってしまったか?さて、そういうことを考えないといけませんね。
社内、社外とやり取りする中でまぁ、一番やりづらいのが社内なのが本当に残念です。
一番やってはいけないパターンの気がします。
・私がやります。グループでやります。
・ただし、論理的に考えて、あなたができるものはやりなさい。
・残業などで働ける範囲で、グループで対応します。
・こういうやり方は、まずいですかね?
・んで、あなたの役割がさっぱりわからないですよ?
基本的に、社内、対クライアント、対顧客とか色々な立場を考えると、対社内の時点で、あまり否定的に「あなたの言っていることは可笑しいですよ」とか言っていると何事も進まないので、あまり言いたくないんですけどね。
SEプロジェクトの破綻寸前。 (2)
SEプロジェクトの破綻寸前。 (1)
特に、お前が納得するために手番がたくさんあっても、通常の外注さんなどがこなすのに想定以上時間がかかるなら絵に書いた餅であって、自己満足の世界なんだよ。
っとー感じる今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です