資産設計・運用手計画の手順3


おつかれさまです。「資産設計・運用手計画の手順1,2」中で触れた中の
次の項目について触れようと思います。
5.購入窓口の選択
 同じような商品を購入する場合に、販売会社によって値段が違う
 ということが、投資信託を利用した場合非常にわかりにくい
 「仕組み・構成」になっている。
 
 販売側も、「非常に賢い」、「金融知識をしっかり持っている。」
 と思います。まー、こういったことで仕事をして給料をもらって上司
 から評価してもらっていると思うと当たり前かもしれませんね・・・ 。
 ここに関しては、株式であれば、窓口で購入する場合、それだけ
 割高になります。
 もちろん、投信を銀行で買おうとすると2010年の今でも信託報酬が
 超割高な面白投信もあります。


6.運用(モニタリング、リ・バランス)
 年齢、資産、性格にあった投資・運用を行う。
 資産配分を検討する場合、年齢による投資があげられる。
 ・相場があがったり下がったりした場合、退職までのに乗り切るだけ
  時間的な余裕があるなら、株式への配分を多くすることができる。
  退職している場合、リスクを抑えた投資をするほうがいい。
 ・性格的に、自分の資産が大きく目減りしていくことに耐えられない
  ような人に対しては、債券や預金への比重を多くする必要がある。
  心配性でない人たちは長期的に資産が増えることを中心に考えます。
  「つまり、設計していたものを運用してからも、自分の性格にあった
   資産運用方法に気がつくことがある。
   そしてライフステージにあった投資方法を選ぶことが必要である。」
■追伸
 お金の運用について毎年書いてそうですが、毎回、書くことで気がつく
 こともあります。
 今日、初めてブログを読んだ方が、明日から考えて貰えれば幸いかなと
 思っています。
■長期投資について
 ゆっくりと、確実にお金をためる秘訣は、投資で得た利益を再投資
 (複利運用)することにある。
 あるベルトアインシュタインは「複利こそが宇宙でもっとも強力な力だ」
 といったとされている。
 要するに、自分がもともと投資したお金に利息がつくだけでなくその
 利息にも利息がつく。
 ゆっくりと、しかも確実にお金をためる秘訣は再投資(複利)にある。
 また、若いころからのたくわえが無い人にとって、それでも老後を金銭的
 に安定するための基本的なルールとは、「今すぐに節約を始める」ことで
 ある。
 できるだけ保険に入らないこと。
 (企業保険で本当にそれ以上のものに入る必要があるかどうか検討する)
■長期投資について2
 ・できるだけシンプルに、しかしシンプルすぎてはいけない。
  (keep It Simple ,Sweetheartとすること。)
  1.お金は若いうちから定期的にためること
  2.不備の出費に備えて、現金は用意しておく。
  3.保険をかけているか、確認しておく。
  4.分散することで急落などの心配の種が減る
  5.クレジットカードなどのローンは使わない
  6.短期運用への衝撃を無視する
  7.低コストのインデックスファンドを利用すること
  8.オーソドックス分野に注目すること
  ・普通株:製造業、サービス業での企業への経営参加を示す証券
  ・債券 :国や官庁、企業の負債
  ・不動産:自分と家族の住居への投資がベスト
■タイミングについて
 ・僕は基本的に、コツコツを推奨しています。
  ただし、今まで銀行預金ばかりの人が、コツコツをはじめるとどうしても
  コツコツに切り替えるまでどうやって行くか?というのも有りますので、
  
■今回、資産運用について、2011年度版の用に1から書いてみました。
 (幾つかの文献を掛け合わせただけというかもしれない。)
 サラリーマンで尚且つ銀行への定期預金ばかりの人からすると「株」は
 危ないものというイメージが強い中で資産運用をしてみようかな?
 ということで、「資産に関する教育」が大きく抜けているかなと感じて
 います。
 正直なところ、証券会社の無料セミナーとか、休日にひらいている、有料
 教育を受講したりいろいろあるかと思っています。
 仕事の都合でなかなかこの日に受けよう!みたいに計算して動くことが
 できないんですけどね。それが駄目なところだと分かってはいるのです・・・。
 株式で資産運用を考えている場合、実際のファンドマネージャーに話を聞いて
 みる等、自分だけでは見つけられない一面を考えてみる!!等の意味では
 大事かなと思います。

資産設計・運用手計画の手順3” に対して1件のコメントがあります。

  1. damaku より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    矢向さんこんにちは。
    やはり、資産運用の第一歩は節約ですよね。
    節約したお金でゆっくりとコツコツ投資をするのが現実的だと思っています。
    あと、証券会社や運用会社のセミナーに行って、お金の勉強をするというのもとても重要ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください