チャールズエリスの講演メモ


かえるさんのページにチャールズエリスの講演の画面が写真で撮られて
いたのでメモってみます。
■「個人投資家は50年前に比べ市場でリスクにさらされている」
・大手投資家、機関投資家
・アルゴリズム取引
・ヘッジファンド
■不愉快なデータ
機関投資家:アンダーパフォーム
・ 1年で60%
・10年で70%
・20年で80%
本当に、60%もの機関投資家がベンチマークを下回るの?本当に分かりません。
少なくとも、日本国内においては、TOPIXはなかなかベンチマークで中位に
居ることも難しい状態です。
理由は幾つか有るのですが、詳細は以下の冊子を読んで欲しいです。
チャレンジする年金運用
TOPIXの問題点
 矢向が考えている問題点ではなく、日本の年金運用者が考える内容に
 成っています。
 -TOPIXには多すぎる銘柄数、いびつな業種配分といった問題点がある。
  しかも、国債有料銘柄といわれる企業群は、外需・製造業の
  ウェイトが高いため、外需、為替・商品価格に対する業績感応度が
  高く、予想業績が大きく振れ幅するため、ベンチマークは低りターン、
  高リスクの特性を持つことになる。
 今まで、収支日本のベンチマークへの投資をしていませんでした。
 この理由のひとつに、MSCI-KOKUSAIやMSCI-エマージングと比べて
 異常にリターンが悪すぎると思います。
■個人投資家:アンダーパフォーム
 ・株価対市場
 ・投資家対投信
 ・「自分自身で」更に悪化
■敗者のゲームになってしまう理由
 ・高く買って、安く売る
■行動経済学
 ・直近の結果にとらわれる
 ・「知っていること」と「理解していること」の違い
 ・出来事に対して過剰ウェイトがつく
■私たち自身の責任と僕の思うこと
 ・自分自身を知る
 ・投資目標を定める/みだりに方針を変えない
引用した本ですが読んでみてお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です