2014年7月の有価証券売買メモ


2014年7月の有価証券売買メモ
全体でみると、2014年6月末の時点で僕自身のキャッシュ比率は10.5%です。
(私がログインした際に見えるマネーフォワードより)
さすがに買い付け量が減って、毎月の給料はそのままですと、キャッシュの
比率が上がりますね。
■マネーフォワード対象、非対象
住信SBIネット銀行 →マネーフォワード対象
SBI証券 →マネーフォワード対象
GMOクリック証券  →マネーフォワード対象
鎌倉投信 →マネーフォワード対象
ひふみ投信 →マネーフォワード対象
(新生銀行は解約予定)
※以下対象外
三井住友信託  →未対象(住宅ローン口座)
みずほ銀行   →未対象(給与振り込み用)
■マネーフォワード上のアセットアロケーション
預金・現金   10.5%
株式(現物) 70.8%
投資信託 14.3%
債券 4.5%


■2014年7月売買メモ
■買付(SBI証券)
2014/07/01 三井住友TAM-世界経済インデックスファンド 30,000円 NISA

■買付その他
・毎月買付  結い2101
・買付日指定 ひふみ投信
■売却
なし
今月は個別株資金買付はしていませんが、「買いたい」と思う「企業(株式)」は有ります。
買付が下手ですので無理はしないようにしています。
7月は保有株の中でクリエイトレストランツHDが1:3の株式分割が発表されました。
流動性の上昇と、優待の取りやすさなどで株価が大きく上がりました。
■クリエイトレストランの特徴
■今後の事業環境と経営方針
複数の企業文化や戦略による成長への転換、立地開発手法の多様化への対応、
競争力強化に向けたグループ事業会社の育成経営人材の育成、本社機能のさらなる強化を図るべく、
グループ連邦経営を行っていく。
グループ連邦経営とは?
-国内グループ事業会社がそれぞれ成長戦略を明確化し、グループ事業会社アグリゲーションしつつ
実行することによる成長機械の最大化
-良質なM&Aの実施による継続的かつ複数の成長ブランドの獲得および当社グループへの連結貢献
-拠点マネジメントの高度化によるアセアン圏、中華圏、北米圏へのグローバル展開の促進
■事業の特色
・飲食店を展開していますが、「マルチブランド、マルチロケーション」という言葉を抱え、
特色が異なる店舗運営を行っています。
ここら辺を参考にしていただければと思います。
http://www.createrestaurants.com/crh/0121.html
■主なブランド(展開店舗)
・磯丸水産
・鳥良
・つけめんTETSU
・Awkichen
・やさい家めい
など
今、株式を勉強していますが、どんな本を読まれていますか?
僕は、「ほんとうの株のしくみ 著 山口揚平さん 」を読んでいます。
Amazonのマーケットプレイス(中古市場)でいいので是非、手に取って読んでほしいです。
株式について興味を持ったのは、つい最近のことです。
僕自身、周りの人がどんな企業(個別株)に興味を持っているのかに興味を持っています。
お金の運用に、興味を持たなくても、現在は主な都銀の定期預金の金利は0.025%です。
こんな金利では、幾ら預けても定期預金の金利で過ごすことができないことは容易に
わかると思います。
この金利の中でも、元気のある企業はいくつもあると感じます。
僕は、「賑わい」のある企業への参加方法の一つが株式を購入することかなと思っています。
なんかイメージ的なことばかりを書いているような気がしますが7月の運用メモはここまで
■岡本さん関連の書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください