はじめに


「矢向町(やこうまち)のインデックス投資家」としてFC2ブログを運営していましたが、ワードプレスのページに移転しました。

以下は、自己紹介やお知らせ、改版履歴などを書いています。

プロフィールは:こちらにも書いています。http://loosersgame.wp.xdomain.jp/profile/

私のことを書きますが、 投資歴10年の個人投資家。2008年6月ブログ開始。ブログタイトルは、インデックス投信運用から株式投資にウェートを変えた際に「勝たない投資 」と命名。近年は日本株、米国個別株投資に力点を置く。管理人のハンドル(ネーム)は「矢向」は妻と出会って場所であり、妻と出会ってから将来を考えたことから矢向と命名。

お知らせ

依然は、ブログタイトルを「矢向町(やこうまち)のインデックス投資家」から「勝たない投資」に変更します。そして、wordpressに移転しました。

タイトル名を変えた理由は、もともと「インデックスファンドでの運用量が減ったこと」があります。自分のスタイルってどんなかなと思った時に思い浮かんだのが、市場全体に投資をしない方法に変わりましたので「勝たない投資」でした。

ブログの書き方方針メモ

気分も一新して、タグや、アイキャッチ画像を基本的にすべて付ける予定です。基本的に1000文字程度を書く予定です。

「はじめに」にアイキャッチ画像をつけると毎日更新したブログにたどり着くまでが遠く感じたため、アイキャッチ画像を外しました。

勝たないけどお金は大事

2017年時点では、物々交換の社会でも、評価の社会でもなく、貨幣の社会です。

家に住むのも、医療施設にいくにも、食事をするにも洋服を買うにも誰かの接待をするにも全て「お金・貨幣」を通して行うことに成ります。これは義理人情や名声ではどうにもなりません。

ある程度のお金は物凄い大事になります。

お金は大事、税金を取られなければ自分たちのお財布に残る、だからイデコもNISAもアピールしているなのかなとも思っています。

お金より大事なものは?

西原理恵子さんの言葉

  • お金に余裕がないと、日常のささいなことが全部衝突のタネになる
  • カネがないと自由になれない
  • 最下位なりの闘い方
  • 「貧困」と「暴力」って仲良しなんだよ。
    貧しさは、人からいろいろなものを奪う。人並みの暮らしとか、子どもにちゃんと教育を受けさせる権利とか、お金が十分にないと諦めなければいけないことが次から次に、山ほど、出てくる 。それで大人たちの心の中には、やり場のない怒りみたいなものがどんどん、どんどん溜まっていって、自分でもどうしようもなくなったその怒りの矛先は、どうしても弱い方に弱い方にと向かってしまう。
  • 「貧しさ」は連鎖する。それと一緒に埋められない「さびしさ」も連鎖していく。ループを断ち切れないまま、親と同じものを次の世代の子どもたちも背負っていく

→お金がない人と暮らすと、「日常のささいなことが全部衝突のタネ」になるのか?

限りない幸せとは?(貧しさから救う)

新約聖書にも「人はパンのみに生くるものにあらず」とある。

  • 仕事を作り、やりがいをもつ(働ける場所がある)
  • 給料がもらえる
    →2017/5 最近、自分自身が、仕事に貧していたのでココで書かれている内容は何度読んでも、頷いてしまいました。

「いつまでも働き続けられること」を学ぶ

月給が3万円高いが、将来に役に立たない仕事を選ぶのではなく、月給が3万円安くても働き続ける能力を身につける仕事につくべき。

→社会人としての人生が40年程度ある中で、その時花形の産業に参画しても10年後はわからない。これは本当に思う。ただ、どこに行ったら10年後も使えるスキルが付くのかの発想が必要です。

投資のスタンス

基本的に、優待銘柄への投資(クリレス、ロックフィルド、ダイヤモンドD)、ディフェンシブ銘柄への投資(ライオン、ピジョン、小林製薬、セリア、アマノ)、国内REITです。

一部は、ひふみ投信、鎌倉投信へ投資しています。

Market Hack流投資術メモ

  1. 営業キャッシュフローのよい会社を買え
    ⇒営業キャッシュフローが年々大きくなっている
    ⇒営業キャッシュフロー>純利益である
    ⇒営業キャッシュフロー÷売上高が15%以上であること
    キャッシュを生み出していない穀潰しみたいな株をいつまでもだいていてもジリ貧になるだけ。
  2. 保有銘柄の四半期決算のチェックを怠らない
  3. 業績・株価の動きが荒々しい銘柄とおとなしい銘柄をうまく使い分けろ
    配当利回りが高い銘柄は、もう成長が鈍化しているような企業が殆どで、このアプローチで大きくキャピタルゲインが取れることは稀です。
  4. 分散投資を心がける
  5. 投資スタイルを使い分けろ
    ⇒バリューとグロースを使い分ける
  6. 長期投資と短期投資のルールを守る
  7. マクロ経済がわかれば、投資家としての洗練度が上がる
  8. 市場のセンチメントを軽視するやつは儲けの効率が悪い
  9. 安全の糊代を持て
  10. 謙虚であれ(投資の勉強に終わりはない)

バリュー投資

バリュー投資家はその銘柄にいったいいくら払うのか?と言う買値にとても厳しい、別の言い方をすればバリュー投資家は上値に手を付けることは恥だと思っているふしがある。悪い決算が出た時、グロース投資家はぶん投げ、それをバリュー投資家が拾うということを毎回繰り返している。

バリュー投資家の問題点は、1年か2年位投資をべんこうした程度では本格的なバリュー投資はできない。

バリュー投資でいう、良い会社は「widemort」持っている。
⇒卓越した防御力を持ったビジネスを指す。つまり以下のような事業を指し示す。

  • 事業規模がバカでかい
  • 市場占有率が圧倒的である、
  • 構造的競争優位を持っている
  • 太刀打ちできない無形資産(ブランド)
  • ネットワーク効果
    ネットワーク効果とは、顧客が増えれば増えるほど、ネットワークの価値が高まり、顧客にとっての便益が増すことをいいます)
  • ユーザや顧客にとって乗換コストが大きすぎる

グロース投資

その企業が市場平均に比べて、高い収益成長率を見込める場合、株価収益率つまり、PER推移をや株式純資産倍率、つまりPBRなどの水準を気にせずに投資する方法のことを指す。

 

ブログ更新メモ

2017/5/15 LIVEDOOR 相互RSSリーダ設置しました。
参考URL http://blogroll.livedoor.com/

2017/6/6 投資へのスタンスを追記しました。

 

 

以上、矢向

↓こちらがアカウントに成ります

4件のコメント

  1. こんばんは。昨日はありがとうございました。楽しい時間を共有出来感激です。
    これからも宜しくお願いします。

    1. いけちゃんさん
       ありがとうございます。優待オフ会は初めてでしたが楽しかったです。

  2. コメントありがとうございます。

    新しくブログ立ち上げられたんですね。
    昔のブログではお世話になりました。

    おかげさまで、なんとか私も10年ほど投資を続けています。
    皆さんほど、よく理解していませんが、インデックスメインなので、なんとかやっていけています。

    矢向さんは個別株に転向なんですね、私にはついて行けませんが、これからもいろいろとアドバイスあれば、お願いいたします。

    1. 個別株に転向なのかな~投資信託10年、個別株も7年やっているのでどちらでもですが、
      市場の平均点を取ることよりも、例えば自分がよく使うお店(松屋や吉野家)の優待を
      貰って使えたほうが投資に対する即効性を感じたので、、、と

      個別株は買って持っているだけであれば、信託報酬的なものがかからなくていいかな
      と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です