【セミナー】日経WOMANEXPO働く女子のための iDeCo入門参加


矢向は、2017/5/21 日経WOMAN EXPO TOKYO2017 働く女子のための iDeCo入門に参加ました。

iDeCoに関する話を一度も聞いたことがありませんでしたので、iDeCoの使い勝手を含めてどうかなということを考えて参加しました。

トークセッションメモ

安原:二人の自己紹介をお願いします。

竹川:ファイナンシャルジャーナリストをしています。一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門を書いている、詳しくは読んで欲しい。

大江:証券会社で20年以上働いてサラリーマンの資産形成をしていた。

竹川:2人でイデコシスターズを名乗ってセミナーをしている。

iDeCoってなに?

公的年金に上乗せできる年金制度で入るか入らないかを選択できる。年金の拠出、運用、受取をどこの会社で行うかを選ぶことができる。

確定拠出年金の窓口になる会社は200社になり、そのうち1社を選択する。5000円以上1000円単位で選択して投資することができる。給与などから引き落として60才の時にまとめて引き出すことになる。

竹川:自身がiDeCoにはいって、10年半になる。

安原:相当増えていると聞いた。

竹川:リーマンショックのときに落ちてその後戻ってきてそこそこの利益に成っている。

メリット1:掛け金が所得控除になるので課税所得が下がる。翌年の住民税も下がる。所得税によって変わってくる。年収196万円くらいの人は4.2万円くらい戻ってくる。

メリット2:運用益が非課税となる。

メリット3:給付時の税の繰り延べをして退職金控除により利益に対する税金も控除される

iDeCoに関しては年間の手数料がかかる、安い運用先でも2000円程度、たかいところは7000円かかる。

iDeCoを行う上で3つ決めること

  1. 掛け金の金額
    →可能な掛け金を全額毎月積み立てるのもあるが、生活必要資金は残すこと
  2. 金融機関(コールセンターが夜遅くまでやっているか?)
  3. 運用する金融商品と配分を決める

iDeCoナビで掛け金を確認することができる。60歳まで出勤できないので、余りかけすぎないようにしないといけない。金融機関の選び方もある。

コールセンターの時間帯で決めるといい

iDeCoナビでは、近くの金融機関も確認することができる。コールセンターの時間帯で調べて欲しい。金融機関で商品を選ぶと、信託報酬が表示される。

また、iDeCoの申請書類が難しく、コールセンターを利用してわからない箇所を聞ける窓口を選ぶといい。

信託報酬による影響

毎月2万円、20年間積み立てると支払う報酬が以下の様に差がでる

  • 信託報酬0.5%の場合、52万円
  • 信託報酬1.0%の場合、102万円

銀行の窓販でも、iDeCoについて聞けるところが少ない、三井住友、りそな、ろうきんくらいになる労金は一部でやっている?程度です。三井住友も先に予約してから行かないと難しい、窓口が確保できないこともある。

「まずは、資料を取り寄せる」

積立が可能な金額は、退職金制度によって異なる、書類を事業主がチェックする。まず行うことは、運営機関のサービスを比較すること。

5月の日経WOMANにも記載している。2016年の1年間で商品も手数料も良くなっている。(安くなっている)。

企業型DCに入っている人はiDeCoに入りにくくなっている。契約社員さん、派遣社員さんは月あたり2.3万までiDeCoをかけることができる。

 

会社がどうなっているかは自社の総務に聞いて見る方がいい。」小規模共済など掛け金払込証明書」を年末調整もしくは確定申告する必要がある。

年末調整などで帰ってきたお金は、なるべく使わないようにして欲しい。12月の給料で帰ってきたお金を更に投資信託などを買うことで資産を形成して欲しい。

年末調整で戻ってきたお金は、投資信託などで有効に使って欲しい。投資信託を利用するのがいいのは、価格が上がった下がったを経験して欲しい。

信託の選び方は?

安原:投資信託の選び方は?

大江:株式、債券の値上がりリターン外国株式インデックスを持っている背k債の経済が良ければ上がっていく。世界の経済を利用している。

竹川:イデコで選べる投資信託は少ないところですと、7本とか10本、多いところは60本の投資信託から選ぶことになる。多すぎると選びにくいし人によって選ぶ内容も異なる。

運用先の投資信託は、インデックス運用が中心になっている先進国22国が投資先になる。

日本のイデコは、海外株式100%で運用している年7%で10年運用している

大江:16年間 DCをやっている今は、海外株式インデックスにしている。リーマンショックが起きても慌てないようにやる必要がある。

 

本文中に書いている、安原は、安原ゆかり様、竹川は、竹川美奈子様、大江加代様になります。なお、会場は、撮影可能でした。

ブログタイトルに書いているとおり、「勝たない投資(市場に負ける投資)」を目指していますので、グローバル株式市場(効率的市場仮説)へ、低コストで投資してしまうと、市場と引き分けを目指してしまいます。iDeCoはなかなか難しい選択です。

ではなく。本セミナーの中にも上がっていますがiDeCoのメリットデメリットのデメリットにある

[amazonjs asin=”4478100578″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門”]

[amazonjs asin=”4822238318″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”定年男子 定年女子 45歳から始める「金持ち老後」入門!”]

↓スポンサーのクリックもお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください