株主優待投資とは?


株主優待投資とは?

証券会社で日本株を買って持っておくだけで、配当以外に株主に対して、自社サービスの割引券や自社商品、ギフト券などを配る制度です。

「日本の市場だけにある」プロの教科書にない運用方法が「株主優待投資」や「優待バリュー投資」です。優待バリュー投資は、PERやPBRを含めて株価指数的に、OK・NGを判断する投資方法に成ります。

上場基準の株主数が存在

東京証券取引所の上場基準では、2部で800人、1部で2200人の株主を集める必要があり、中規模の企業にとっては個人投資家を呼び込むためのツールとして非常に重要な役割を担っています。

優待株主優待を止めることは難しい

優待品を提供することを辞めることで【必要な株主数を維持ができなくなる」という恐怖を上場企業は背負っていますので株主優待を廃止することは企業存続にも影響します。

株主優待投資するメリットは?

 株主優待を有効活用できるのであれば、金銭価値があると言えます。使わないのであれば、メリットがありません。

→ここで、メリットはなくないのです。QUOカードや優待券であれば、チケットショップ・金券ショップと言われている所で売却することが出来ます。

擬似配当としても扱える

飲食店などの優待券は6割程度で売却できます。チケットショップのホームページには書かれていますが、優待券の買取価格は1000円の優待券に対して600~700円で買い取りますと書かれています。

つまり、擬似配当として株主優待が存在しています。

優待込みリターン

優待が倍増すると株価が割安になったり、株主に還元される金額が倍までいかなくてもそれなりに増額されるというのが有ります。使いやすい株主優待投資の場合、優待+配当でのリターンと考えることも出来ます。

自分が参考にしたのはV-COM2さんのページです。
https://ameblo.jp/v-com2/

みきまるさんの優待バリュー投資方法

https://plaza.rakuten.co.jp/mikimaru71/diary/201609250001/?scid=we_blg_tw01
1. PBR×PERが11.25以下 ( グレアムのミックス係数 22.5の半分以下)
2. 配当+優待の総合利回りが4.0%以上

王道の投資からは

よく言われますが日本企業の株主還元を「優待品を送っているので経営効率が悪くなっている」と言われることも有ります。

そりゃ、本業とは別に自社(もしくはアウトソースして)自社の商品を包んで送ってますからね。経営効率が悪くなっているという話もわかります。

株主優待投資を使えばいいのでは?と思っていましまいます。

矢向の保有している優待銘柄(例)

トラスコ中山

自社商品を送るか、QUOカードを送るか食品を送るか会社によっては80cm四方の大きさくらいでトイレットペーパーを送ってくる企業もあります。
→トイレットペーパーは、トラスコ中山で選択しています。
http://kabusuki-buraresuki.blog.so-net.ne.jp/2016-04-24-1

リログループ

ホームページに詳細な株主優待が記載されていますが、自社のシステムを使って、いろいろな割引を割引を使えます。映画館なども割引で利用できるようです。

https://www.club-off.com/relo/index.cfm?fname=bra/common/topics/about_coa/gaiyou/index.html

柿安本店

ホームページより自社商品や精肉店からのなりわいですので、すき焼きのお肉などが選択できます。

http://www.kakiyasuhonten.co.jp/ir/stock.html

自社商品を期間内に購入する商品券の送付
所有株式数100株以上、300株未満の株主様
⇒「株主ご優待利用券」1,000円券を1枚贈呈
~あいだは略 ~
所有株式数1,000株以上、2,000株未満の株主様
⇒「柿安グルメフリーチョイス引換券」10,000円相当を1枚贈呈

ロックフィールド

ダイヤモンドに書かれていますが、5年以上の保有で+1000円拡充されます。
日付が2016年12月11日公開とかかれれていますので、昨年の12月頃の話なのですね。
http://diamond.jp/articles/-/111174

ただし、以下のように書かれていますので、今まで7年間保有していてもそれは「ノーカウント」のようです。

※「継続保有期間5年以上」とは、平成29年4月30日を保有年数の始期とします。(最短で平成34年4月30日時点から対象者が発生いたします。)

また、「継続保有期間5年以上」とは、基準日(毎年4月30日)の当社株主名簿に同一株主番号で連続して5年以上記載又は記録さることとします。

クリエイトレストランHD

株主優待侍さんののホームページから:http://kabuyuusi.blog.jp/archives/1042627673.html

2015年10月のことに成りますが、以下のように100株ホルダーに対しての優待拡充など行われおります。クリエイトレストランについては2014年1月、4月に滑り込みで購入した感があります。

47

ダイヤモンドダイニング

現在の株主優待内容(平成28年2月末日発行基準)
ご所有株式数 100株以上 保有の株主様
優待券4,000円 →平成29年2月~ 6,000円
ご所有株式数 300株以上 保有の株主様
優待券8,000円 →平成29年2月~ 12,000円
ご所有株式数 600株以上 保有の株主様
優待券16,000円 →平成29年2月~ 24,000円
ご所有株式数 3,000株以上 保有の株主様
優待券24,000円 →平成29年2月~ 36,000円
ご所有株式数 6,000株以上 保有の株主様
優待券32,000円 →平成29年2月~ 48,000円
※優待券は、DDマイルまたは、株主ご優待券で入手可能、ご優待券の場合、1,000円単位でご利用いただけます。

ダイヤモンドダイニング社優待拡充に関する開示
http://www.diamond-dining.com/wp-content/themes/dd/img/company/benefitplan_170209.pdf

ヨシックス

元気を持って帰ってもらう店なんややでを目指し、居心地いい店作りを当たり前に行う。自分っが行ってみたいと思える店をつくりたくて屋台やをスタート。「あたりまえや、を当たり前に」
100株以上保有で、5000円分の優待券に成ります。

SFPダイニング

クリエイトレストランがサムカワフードプランニングを経営統合。更に上場しています。

100株以上の保持で4000円分の優待券になります。

[amazonjs asin=”B06VVS722D” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”株主優待内容別ランキング”][amazonjs asin=”B06XPVWH9C” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”会社四季報 株主優待大特集号 2017″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください