【日本株】4月、5月に株価が下落したときに思うこと


株式投資をしていて下落した際に考えること。

長期で保有すると3月、4月末は下落する理由

理由は簡単で、3月末、4月末の権利落ちした株式を保有する理由がなくなるから売却されます。
自分のブログでも書いていますが、2月,3月,4月に権利落する銘柄を記載しますが「多い」です。
次に同じ企業から配当や優待をもらうには、1年後になりますから翌年の年始から買えば権利落ちする2,3,4月の配当や優待の権利落ちを狙うには十分です。


私の3月権利落ち保有銘柄の 優待

・セリア →優待無し
・WDI  →優待券10,000円
・エーピーカンパニ →優待券3,000円
※上記の3月にしか配当と優待の権利落ちがありません、9月に持っていても配当などありません。
・カネ美食品 →5000円相当の食品
・マンダム  →商品5,000円相当
・松屋フーズ →商品5000円相当
・エスビー食品 →商品1,500円相当
・ヨシックス  →優待券5,000円
・日本商業開発 →優待券4,000円
※3月にしか配当と優待の権利落ちがありません、9月に持っていても配当などありません。
・アマノ →無し
・リログループ
→ 宿泊施設、レジャー施設、フィットネスクラブ等を割引価格で利用可 VIP会員になる。

私の 4月権利落ち保有銘柄の優待

・ロックフィールド
→配当:32,000円、優待券: 11,000円
・インベスコオフィスジェイリート
→配当:24,500円、優待:無し
・いちごオフィス
→配当:22,920円、優待:無し
・東和フード
→配当:5,100円、 4月、10月にそれぞれ6000円
※リートは実際は、分配金と表現しますが、フォーマットを合わせるため配当と記載しています。

■2月権利落ち銘柄の値動きについて(DD)

・ダイヤモンドダイニングは、2月末に権利落ちですが2017年1月から4月19日までの間に-3%以上下落した日にちを調べてみました。
(Yahooファイナンスの終値を前日の終値との値動きで調べています。)

2月末に権利落ちですが、2月にも4月にも下落局面が有りサンプルにならず。
日付 終値 株価の動き 変動率
2017年4月17日 1,508 -87 -5.77
2017年4月12日 1,564 -56 -3.58
2017年4月6日 1,590 -65 -4.09
2017年4月4日 1,675 -55 -3.28
2017年2月20日 1,677 -86 -5.13
2017年2月16日 1,721 -84 -4.88
2017年2月15日 1,805 -103 -5.71
2017年2月9日 1,647 -55 -3.34

しかし、3%以上上昇した日を調べてみると2月の権利落ちまでの日が多いことがわかります。

日付 終値 株価の動き 変動率
2017年4月18日 1,661 153 9.21
2017年3月21日 1,668 52 3.12
2017年2月13日 1,900 99 5.21
2017年2月10日 1,801 154 8.55
2017年2月8日 1,702 100 5.88
2017年2月6日 1,600 72 4.50
2017年1月16日 1,382 88 6.37

もう1点気がついたのが「値動きが大きいこと」おもったより大きいかなと思いながらです。

2月の値動きで気づいたこと

・ダイヤモンドダイニングの銘柄の値動きがおもったより大きい(^^;)
・2月までは上昇する変動率が大きいが2月末の権利落ち以降は減っている。
・今の考えで行くと、3~5月は株を買うものじゃないな~ということ。
・米国株はどうなのか?などを調べる必要がある。
・やっぱり、投資信託は、目をつぶって積み立てる。

 

■配当パワー関連

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です