【読了】2017年夏号四季報 厳選500銘柄


 2017年夏号四季報 500銘柄を読みました。国内株をはじめたのが、2010年からですが、四季報を買い始めたのは2015年からと少し遅かったです。
 以前は、ネット証券のホームページで読めるからそれで良いかなと思っていましたが、自分の場合銘柄を考えたりする時に「お風呂」などで考えることも多いのです。
 そのため、紙面で読んだほうが都合がいいため購入し始めました。
[amazonjs asin=”B06ZY6XW7Z” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”会社四季報プロ500 2017年 夏号 雑誌”]
表紙に書かれている内容は、「楽しい!日本株」、「利回り2%以上のお宝株」、「10万円台以下で買えるお値打ち株」と書かれています。

矢向が購入したい企業
 自分が、購入している、購入したいと思う企業は「最高益更新」、「連続最高益」または、「好業績」が書かれている企業が多いです。
 自分のお金をどうするか」を決めることは決めますが、「グロース:バリュー:優待銘柄」の比率に最適解はありませので、グロースと優待銘柄が圧倒的に多いです。

気になったことメモ

ソニーが好調

 ゲーム、スマホ向け半導体が好調で、営業利益が+87%お5400億円(会社計画5000億円)半導体、液晶、有機ELなどディスプレー関連の好調が目を引く

最高益

 自分が保有している銘柄もいくつか入っており胸をなでおろしています。最高益となれば、株価の上昇と実績がある程度ついてきている。以下が矢向が保有している銘柄で最高益となっていました。確かに、全ての銘柄の株価が上がっています。

最高益企業

※以下の銘柄推奨ではなく、2017年夏号に最高益と書かれており、自分がたまたま保有していた銘柄に成ります。
 各企業利益が出ているか?と聞かれると、個人では「驚くほど」利益が出ています。
  ・アマノ
  ・ピジョン
  ・ライオン
  ・リログループ
  ・セリア

株式市場の有望テーマ

1.好業績

 銘柄探しは好業績銘柄から、幅広い業種に有望株
 ・素材、資源
 ・産業インフラ・サービス
 ・運輸/公共
 ・自動車・住宅
 ・消費財、小売
 ・生活必需品・ヘルスケア

2.最高益

 過去最高の大儲け、元気印のピカイチ銘柄

3.高配当銘柄

 利回り3%台もたくさん、増配期待銘柄へも先回り

4.少額投資

 価格は易くて魅力は大きい、お値頃株を総まとめ

5.主力株

 相場の方向性を示す主役、機関投資家も注目

6.新興、中小型

 独自技術、サービスで光る値動きも魅力

7.バリュー銘柄

 割安銘柄の長期保有が堅実に稼ぐ王道

8.内需ディフェンシブ

 安定性が魅力、成長性を兼ね備えた銘柄もたくさん

9.テクノロジー

 IoTやAIでITベンチャーが活躍、有機ELや自動運転も活発

10.大化け期待

 相場の期待はココにいる?急騰期待の注目テーマを一気に大公開

矢向の四季報の読み方

 四季報やファンド運用報告(月次報告)を読むことで、「自分が見ている面」とは「違った面」で捉えて頂けるのは凄くいい読み物だと思っています。
 自分が保有している銘柄の一つ、セリアにしても次のように書かれていました。P10より特徴的な店作りや品揃えで値ごろ感を売りにしながらも高い利益率を叩き出している。
 薄利に陥りがちな同業他社や共同業態を引き離して業績拡大中。
 それにしてもP9好業績~P11最高益のページの各企業について、グロースで追っていくことが多い自分にとっては参考になります。
↓以下のP9~P11です。
[amazonjs asin=”B06ZY6XW7Z” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”会社四季報プロ500 2017年 夏号 雑誌”]

冬のボーナスに向けて仕込みたい銘柄

・ベネフィット・ワン
・Monotaro
・神戸物産
・コシダカ 2157

四季報厳選500に記載がない企業

・テンポスバスターズ

・ワイズテーブル

 ランチなどで時々サルバトーレクオモに行きましたが、優待があれば「肉と牡蠣」も伺ってみたいですね。
・リンガーハット

コシダカについて

コシダカについて、自分も面白と感じており単元株だけではなくある程度資産に組入れたいと考えています。
 その理由は。「今、資産を積み上げている世代」が資産を積み上げ終わったあとに残るのは「やりたいこと」や「余暇」と言われるものが残ります。
 コシダカという企業は、総合余暇サービスを提供する企業です。つまり、積み上げた結果を、いつか吐き出す必要がありますがそういったサービスを提供する企業のひとつになるということです。
以下のURLより抜粋しています。

コシダカの企業理念

 ~コシダカHD社ホームページより
私達の使命は、進化させた有意なサービス・商品を常に考案し、
そして全世界の人々に提供し続けることによって、
豊かな余暇生活の実現と希望に溢れた平和な世界の構築に
貢献することである

企業ビジョン

  • 安近短の身近な余暇の分野において既存業種新業態を追求する
  • 各国地域並びに各業種の実情に即した最適な業態、仕組みを開発する
  • 顧客のニーズを探求し、驚きと感動を与える質の高いサービス・商品を常に提供する
  • 強い志と企業家精神を持って活躍する人材を育成する
  • 業態間のシナジーを図り、グループ力を最大限に発揮する

よくある話で、Financial Indipendenceを目指すと有りますが、「なった後、どうするの?」というとこういった総合余暇サービス企業を持っておくのも一つ良いかなと考えています。

実は、コシダカという企業は、「ひふみ投信」が組入れていたのを見てはじめて知った企業でした。

藤野さんが、ログミーでも書かれていますが、自分もヤンキーの虎を読んで、「コシダカ」という企業を注目し始めました。

http://logmi.jp/194004

 

ヤンキーのトラのビジネス手法は、ヤンキーの虎の意味は?

地方での消費の主体「マイルドヤンキー」

・地元志向=世界は半径5km
・大型ショッピングモールによく行く
・酒、タバコ、パチンコが好き
・車も好き(特にミニバン)
・仲間を大切にする、結婚、出産は割と早い
・礼儀正しく、やさしい。
・成長意欲や出世欲は強くなく、保守的

 

そして次のように書かれていました。

いわゆる今ナショナルブランドと呼ばれているようなユニクロのファーストリテイリングもコメリもニトリも壱番屋もヤマダ電機もコシダカという会社も、もともとは言ってみれば最初はヤンキーの虎だった人たちです。

四季報関係でオモシロイと思ったブログメモ

[amazonjs asin=”4492396187″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ヤンキーの虎”]

[amazonjs asin=”4061385208″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください