2017年6月のボーナスで買いたい銘柄メモ3(ディフェンシブ銘柄)


2017年6月のボーナスで買いたい銘柄メモ2(ディフェンシブ)

2017年6月のボーナスで買いたい銘柄メモ2(ディフェンシブ銘柄)
2017年6月のボーナスで解体銘柄で幾つか銘柄を上げましたが今回は「ディフェンシブ銘柄」を中心にあげます。はじめに「ディフェンシブ」銘柄についてメモします。ディフェンシブ銘柄とは?「2017年6月のボーナスで買いたい優待銘柄 」というブログを書きましたが、サ...

で書いていたキッコーマンに続いて、ボーナスで買ってみたいディフェンシブ銘柄2として「味の素」をあげます。

ディフェンシブ銘柄を購入する理由は、1つだけ、「ポートフォリオを低ベータに保つこ」とが目的です。つまり日経平均が1動いた時にβが1の銘柄群を持つのではなく、0.5程度しか動かないようにすることを心がけています。

~Eat Well, Live Well.~AJINOMOTO

企業情報サイトの味の素はこちらに成ります。

https://www.ajinomoto.com/jp/?scid=av_ot_pc_cojphead_company

企業概要

味の素株式会社(あじのもと)は、日本の食品企業である。「味の素」は、同社が製造販売するL-グルタミン酸ナトリウムを主成分とするうま味調味料で、同社の登録商標(登録番号第34220号他)。同社の製品には「味の素KK」のブランドが表記されていることが多いが、実際の英文表記はAjinomoto Co., Inc.である。東京証券取引所市場第一部上場。

事業内容

食品会社として広く認知されているが、化粧品ブランド「Jino」の製造販売など、アミノ酸生産技術を活用したケミカル事業・医薬事業も行っている。

食品事業

「味の素」「ほんだし」「クノール」「Cook Do」などの商品がある

アミノ酸事業

  • グルタミン酸をはじめ、発酵法によるアミノ酸製造技術をもつ。
  • アミノ酸事業
  • 栄養食品事業:アミノバイタル

味の素グループの目指す姿

「確かなグローバルスペシャリティカンパニー」に向けたロードマップ

グローバル食品企業トップ10 営業利益1300億超えをFY20目標とする。

FY16 営業利益815億円 ROE7.4% EPS成長率4.2%  FY20 営業利益1370億円 ROE 10%以上 EPS成長率4.2%

 食品の地域ポートフォリオ強化を通じた確かな成長

FiveStarに対するポートフォリオ 対向け 4%成長、ブラジル、インドネシア、ベトナム、フィリピン向け13% 北米・欧州向けCAGR9%、RisingStars +20%成長

味の素グループが考えるESG

EatWell Live Well 健康な心と体(あらゆる生き物)、美味しい体に良いメニューヲプロデュース(調味料、嗜好飲料、美味しさソリューション、ライフサポート、ヘルスケア、加工食品、冷食)、サスティナビリティサイクル、現地適合

  1.  先端バイオファイン技術とおs子から生まれた美味しさ設計技術により美味しい体に良い食で健康づくりに貢献
  2. 食を通じて家族や人と人がつながり、多様なライフスタイルを実現できる社会づくるに貢献する。
  3. ものづくりから消費の場面に至るまで、社会とお客様とともに地域、地球の共生に寄与する。
  4. グローバルトップクラスの多様な人材がお客様起点で地域と価値を協創します。

味の素の成長投資

設備投資・R&D、M&Aを三位一体でマネジメントし、成長領域へ傾斜配分 R&D 各年度で290億程度を維持、設備投資:3年間で焼く2300億を投資 M&A 戦略的M&A投資を積極的に実行

株主還元 :配当性向30%をめどに安定的かつ継続的位配当 総還元性向50%以上をめどに機動的な自己株式取得を検討

株価、PER、EPS

株価2400円、PER24.1 予想EPS99.7 予想1株配当30~32円とのこと

株主優待 100株保有の場合

商品名

  • 「味の素®」50g袋
  • 「ほんだし®」8gスティック7本入袋
  • 味の素kkコンソメ 固形7個入箱
  • 「Cook Do®」酢豚用
  • 「Cook Do®きょうの大皿®」豚バラ大根用
  • 「ブレンディ®」スティックカフェオレ10本

味の素の業績

【業績】 売上高 営業利益 経常利益 純利益 1株益(円) 1株配(円)
連14. 3 991,332 62,548 69,541 42,795 69.7 20
連15. 3 1,006,630 74,519 82,808 46,495 78.5 24
連16. 3 1,185,980 91,045 94,333 63,592 108.1 28
連17. 3予 1,080,000 80,000 84,000 44,500 78.2 30
連18. 3予 1,100,000 84,000 88,000 46,500 81.7 30~32

2017年3月期は、売上、純利益、1株益ともに下落しましたが、2018年に向けては2017年3月ド決算担任に記載されているが、売上+10%、純利益+10%を掲げているだけに味の素さんにも期待したい。

 

味の素を組入れている投信

以下のURLから確認しました。

http://portal.morningstarjp.com/StockInfo/info/fund/2802;jsessionid=71FF8374B3A89B8D5E3984B30C5C55F3

2013年、2014年に組み入れている投信が多くありますが、今時点で組入れている投信があるかわかりませんでしたがコモンズ30は今でも味の素を組入れているようでした。

http://www.commons30.jp/fund30/selection.php こちらに味の素さんの会社名も書かれていました。

ファンド名 投信会社 モーニングスター
カテゴリー
年月日 組入比率(%)
コモンズ 30ファンド コモンズ 国内大型グロース 2014年1月20日 3.29 %
日本株式ツインフォーカスファンド<積極> パインブリッジ 国内大型グロース 2014年6月10日 2.06 %
日本株式ツインフォーカスファンド<安定> パインブリッジ 国内ハイブリッド・ニュートラル 2014年6月10日 1.72 %
(ダイワFW)ヘッジファンドセレクト 大和 国内ハイブリッド・インカム 2010年6月15日 0.85 %
キャピタル 世界株式ファンド キャピタル 国際株式・グローバル(F) 2013年8月20日 0.53 %

 

 

 

[amazonjs asin=”4532356199″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”勝てるROE投資術”]

[amazonjs asin=”4775971654″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”株式売買スクール (ウィザードブックシリーズ)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です