【ツール】Nanaツリーのツリーが開かない


矢向は、今はEvernote にブログネタを書いていますが、Evernoteを利用する前はNanatreeにメモを書いていました。
NanaTreeはテキストをツリー型に表示できるのでその日思いついたことをメモしておくことが出来ます。今ではオンライン化されたEvetenoteなども有りますので便利さでいうと随分劣って来ているのかもしれません。

そもそもNanaTreeを使うメリットは?

  • 通常のテキストエディタと異なり、テキストをTree型にメモすることができます。
 (画像も貼れるようですが、私自身は貼っていません)

NanaTreeの概要

  • 長文を章やジャンルごとに階層化して、全体の構成を把握しながら文書を作成できるアウトラインプロセッサー。画像や音声、動画ファイルなどのOLEオブジェクトを文書内に挿入できるのが特徴。作成した文書は、すべてのページを1つにまとめた“nna”という独自形式のファイルに保存される。

NanaTreeの使い方は?

  • 実は会社内で使っているメンバーに教えてもらったのが使い始めですが、以下の様なことに利用しやすいです。
 「ツリーごとに その日のタスクをまとめやすい」
 「ツリーごとに お客様ごとのメモをまとめやすい」
 自分の場合は、書いたブログメモをその日ごとにNanaTreeに書いてからブログにペタペタ貼っていました。

NanaTreeのデメリットは?

  • 基本的にパソコンの中で起動するソフトウェアですので、その他のパソコンで修正、追記することが出来ないため、自宅のパソコンで書いた内容を外出先に行った時にスマホ・タブレットなどで見ることが出来ない。

NanaTreeのツリーが開かない対策

以下のブログを参考にしましたが、以下の順で行うことでNanaTreeのツリーが戻ってきました。

  1. NanaTreeを終了させる。
  2. NanaTreeのプログラムフォルダを開く。
  3. 同じフォルダ内の以下のファイルを削除する
    NanaTree.ini、NanaTreeDocking.ini、NanaTreeMRU.ini、NanaTreeToolbar.ini
  4. NanaTreeを起動する。

テキストツール:NanaTreeとEvernoteどっちが利用し易い?

使いやすさは、圧倒的にEvernote > Nanatreeです。

Evetenoteはオンラインで利用できますので、今のように、自宅のパソコン、スマホ、タブレットなど複数環境でブログを書く、修正するなどを行う際にはEvernoteがおすすめです。

ただし、Evernoteも端末数の制限が出てきましたので多少使いにく差が出てきています。

以下の日経トレンディ「EvernoteとOneNote、どっちを使うべきか」でも以下のように書かれています。

  •  「アプリで利用できる端末が無制限から2台に制限されてしまったことこれは大きかった。それ以上はブラウザーで利用するしか無いということ。」

 

[amazonjs asin=”B009M2QRPE” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”4コママンガで誰でもわかるEvernote超入門 impress QuickBooks”]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です