【日本株】リログループさんの優待着


リログループさんとのお付き合いも長くなってきて今年で、4年目に成ります。

2014年にNISA口座で購入し他当時は取得単価5000円×数量100の50万を購入しました。今となっては評価額が220万程度に成りNISAのロールオーバー枠を大きく超えてしまい困っています。(100万?120万円分しかロールオーバーできないの?)

「【オフ会】優待twitter/ブロガーオフ会に参加」でも話していますが基本的に、買って持っているだけです。

【オフ会】優待twitter/ブロガーオフ会に参加
俺メシさん主催で、日経マネーやザイなどに出演されている小森美紀を始め、秋葉原の鳥良で20人位のオフ会が有り参加しました。きっかけはtwitterでのメッセージでしたが、ブログを書かれている方も数名いらしゃいました。こーいうオフ会って一度断ってしまうと次から...

リログループさんのようにM&Aで企業が大きくなるとかなりのスピートで利益が増えています。今のライザップさんも同じような状況なのかなと思います

リログループ社社長のご挨拶

ご挨拶、挨拶が株主優待に入っていたことに驚きました。2017年のはなぜかしっかりしている気がします。株主に対する向き合い方が変わってきたのでしょうか。

「和紙」のような紙に社長から株主への挨拶が書かれていました。

当社グループは「世界で戦う日本企業が本業に集中できるよう本業以外の業務をサポートし、日本企業の世界展開を支援する」という使命を掲げ「日本初のグローバルリロケーションカンパニーになる」ビジョンを持ち、その実現に向けグループ一丸となって取り組んでおります。

中期経営計画「第二次オリンピック作戦」の2年目となった前期は日本国内における労働人口の減少や生産性の向上推進による追い風を受け、借上社宅管理戸数や福利厚生代行サービスの会員数が伸長しました。加えて海外赴任のサポート事業や企業の不要となった保養所を運営するホテル運営事業など当社グループの事業基盤が拡大し17期連続増収、8期連続最高益、14期連続の増配と成りました。

海外事業の展開を加速すべく、米国ボストンに本拠地を置き海外赴任関連データを調査、販売しているAIRINCをグループ化し、世界中で企業及びその従業員の方々の移動をサポートで切る体制づくりに着手しました。

ここまでメモ

 

宿泊補助券1万円

優待のクラブオフアライアンス宿泊補助券になります。保有して4年たちましたので1万円の宿泊補助券に成ります。今年も鎌倉投信の受益者総会で京都に行きますのでその際に利用する予定です。

株式分割に伴うリログループの株主優待制度の変更

2018年3月時点の株主様より優待対象が拡大されます。

矢向は今まで、100株の株主でしたが1:10分割の結果1000株ホルダーと成り、2018年以降はVIP会員になるという話でした。

また、2020年3月31日の基準日を最後に長期保有特典が終了するとのこと。

配当金による利益還元の充実がより適切であると判断し2020年3月31日の基準日で贈呈する長期保有特典を最後に廃止するとのことです。VIP会員になりますので随分宿泊費用も減るのかなと思っています。(あくまでも、クラブオフ経由で宿泊を申込んだ場合です。)

 

下記は優待の参考例に成ります。

  • 帝国ホテル東京パークサイドダイナーランチ
    5500~7000相当 →3800円
  • 全国共通鑑賞券ムビチケカード
    1800円当 →送料無料VIP会員1210円
  • スポーツクラブNAS VIP会員1080円
  • 極楽湯
  • 直営19店舗 入館料 10%OFFなど
  • その他は楽天トラベル最大500円補助/人泊、じゃらん最大500円/人泊+Pontaポイント、一休.com 最大1000円補助などあり。

 

社会の流れに乗った企業

自社で福利厚生を持つという考えからアウトソース(最近風に言うとBPO)していっていると感じています。

売却するか?(利食いするか?)

エンジニアとして、50~60歳は働かないかなと思っていますので、自分に対しての福利厚生と考えていました。 そのため、売却する予定はありませんが、数年でどんどん株価が上がっていってしまったのが現状です。

ただし、NISA枠を超える部分は、特定口座で持っても1000株ホルダーとして取り扱われるか(取り扱われるでしょ)という点くらいが気に成ります。

 

[amazonjs asin=”4876418918″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”海外赴任2017リロケーションガイド”]

[amazonjs asin=”4416815042″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”幸せを引き寄せる笑顔の法則: 三越伊勢丹グループの従業員10万人を動かした“理論”と“効能”とは?”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です