2017年上期、優待生活優待品・金券到着


2017年上期の終了とともに今現在到着した株主優待をまとめます。
優待投資のメリットの振返り
 配当のような課税対象と異なり、株主として企業から非課税で、外食の優待券や生活用品を頂くことが出来ます。
株主優待投資とは?証券会社で日本株を買って持っておくだけで、配当以外に株主に対して、自社サービスの割引券や自社商品、ギフト券などを配る制度です。「日本の市場だけにある」プロの教科書にない運用方法が「株主優待投資」や「優待バリュー投資」です。優待バ...
優待込みリターン
優待が倍増すると株価が割安になったり、株主に還元される金額が倍までいかなくてもそれなりに増額されるというのが有ります。使いやすい株主優待投資の場合、優待+配当でのリターンと考えることも出来ます。

擬似配当としても扱える

飲食店などの優待券は6割程度で売却できます。チケットショップのホームページには書かれていますが、優待券の買取価格は1000円の優待券に対して600~700円で買い取りますと書かれています。つまり、擬似配当として株主優待が存在しています。

以下のURLで、ダイヤモンドダイニングで検索すると6割位で買取が表示されています。1000円の優待券に対して600円での買取で表示されています。

https://www.k-om.co.jp/purchase/price_list.php

一方アクセスチケットでは、1000円の優待券に対して、750円で買取価格が表示されれいます。

http://www.access-ticket.com/kabuyuu/kabuyuu_04.html

 

2017年上期、優待生活優待品・金券到着

 ・3月着  カゴメ 1,000円分相当
 ・3月着  ライオン 2,000円相当
 ・3月着  小林製薬 10,000円相当
 ・4月着 バルニバービ 4,000円相当
 ・4月着 トラスコ中山 5,000円相当
 ・6月着 マンダム 5,000円相当
 ・5月着 ミルボン 10,000~12,000円相当

2017年上期、優待生活金券到着メモ5月以降

 5月25日着:SFPダイニング
 5月31日着:エスビー食品
 6月中旬 :クリエイトレストラン(優待券500円×60枚)
 6月中旬 :柿安本店(優待券1000円×10枚)
 6月28日着:WDI(優待券 500円×20枚)、松屋フーズ(10食分)、ヨシックス、
      日本商業開発(ジェフグルメカード 4000円分)
 7月3日着:ダイヤモンドダイニング(優待券 1000円×24枚)
 7月4日着:東和フード(優待券 500円×12枚)
 7月7日着:DCMホールディングス 詰合せ ☆7/9改版

2017年度上期残り優待品

 ・ロックフィールド 優待券(1000円×10枚)

2017年上期に優待品を頂いて感じること

 今回は2017年度上期の優待品をまとめましたが、毎日働いて、給料から少しづつ出して色々買うときと比べると、やはり何もしないで「お金に代わるもの」お金を払わないで色々な生活必需品が入るのは「生活が楽」だなと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください