資産運用を初めた10年前からの振返り1/2


資産運用を初めた10年前からの振返り1/2

10年前にどんな商品をどこで買っていたか

振り返ると「銀行」が信用できると思い、「新生銀行」で、アクティブ投信の新興国株式を買っていました。何より、投資の鉄人が販売されていない10年前です。今は本当にいい環境が出来たと思っています。本誌に書かれている内容そのままの行動です。

【読了】投資の鉄人著:大江秀樹,岡本和久,竹川美奈子,馬渕治好3/3より振返り

http://loosersgame.wp.xdomain.jp/2017/07/read-toushitetusjin3/

10年前(2007年10月)の私が 「どんな金融商品を買っていたか?」と「幾ら信託報酬を払っていたか」を紹介します。信託報酬は、2017年7月時点での信託報酬に成ります。ホームページと合わせてお伝えします。

最初は、HSBCインドオープン、HSBCチャイナ・オープンの2つの商品を購入して更に追加した商品がUTIインド、 JMP BRICS5を追加しました。

よく考えると、同じ資産グループを買い続けてしまっています。

 

矢向が最初に買っていた金融商品

HSBCインドオープン

HSBCチャイナオープン

UTIインド

  • 簡単に説明を書くとインドに投資するアクティブ投信です。よい悪いよりも支払うコストが高めに設定されています。HSBCインドと似た基準価額の推移でした。

JPMBRICS5

  • JPモルガン社が運営する、ブラジル、ロシア、インド、チャイナ、南アフリカの5つの国にまとめて投資するアクティブ投信に成ります。
  • HP: http://www.shinseibank.com/powerflex/trust/lineup/brics.html
  • 約定に関する手数料:3.24% 信託報酬: 2.052%

陥ったことに気がついた私

投資の鉄人の竹川美奈子さんパートには、以下のような内容が書かれていました。投資信託で運用している人が陥りがちな7つの罠を振り返ると殆どの「だめな条件」を満たしていました。

  • 同じタイプの投信ばかり持っている
    →新興国ばかりになっていました
  • 分配金だけで商品を選んでいる
  • 新発売投信が好き
    →UTIインドは、当時目新しさで買ってしまいました。
  • テーマ型、流行にのる
    →チャイナ、インド、BRICSに乗ってしまいました
  • 手数料をあまり気にしない
    →すいません儲かれば手数料は気にならないと思っていました
  • 投信の規模に無関心
    →UTIインドは、当時目新しさで買ってしまいました。運用残高もかなり少なかったです。
  • よく分からずに買ってしまう
    →よく買ってしまいました

運用資産の見直し

アクティブ投信全売却へ

これらのわけの分からない海外アクティブ投信以外にもLMオーストラリア、ブラックロック・ゴールドファンド、DAIMハッピークローバーなど購入していましたが、2010年1月までに全て全売却しました。

インデックス投信へ

当時、低コストインデックス投信として人気が出始めており、アクティブ系投資信託は全て売却して以下の投資信託に乗り換えました。

  • STAM グローバル株式
  • eMAXIS 国内債券インデックス
  • eMAXIS 新興国株式インデックス
  •  DLIBJ 公社債オープン(短期コース)

 

参考にしたホームページや書籍

■梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)
http://randomwalker.blog19.fc2.com/

■rennyの備忘録 (投資信託をコツコツinvest #k2k2)
http://renny.jugem.jp/

■いい投資探検日誌from新所沢 m@さん
http://iitoushi-tanken-nisshi.hateblo.jp/

■いい投資探検日誌(m@の過去のブログ)
http://shintoko.asablo.jp/blog/

また、書籍では以下の書籍は読み漁りました。

■書籍:足りないお金

[amazonjs asin=”4478009147″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”たりないお金―20代、30代のための人生設計入門”]―20代、30代のための人生設計入門 単行本 – 2009/7/31

 

■書籍:忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス) 単行本(ソフトカバー)

[amazonjs asin=”4756913016″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス)”]

結局、住宅ローンの頭金用意の際に局、以下のインデックス投信も全て売却してしまいました。

・STAM グローバル株式
・eMAXIS 国内債券インデックス
・eMAXIS 新興国株式インデックス

 

そのため2007年から投資信託を開始して、2010年から株式運用をしているとはいえ、対象の期間に延々と保有している商品は少ないです。

住宅は資産なのか?購入か譲か賃貸かは、自分は精神論に近いと思っており60歳など収入が激減した後に更新できるかどうか?などを心配するよりは、自分が戻る場所が有る方がいいかなくらいです。

毎月の家賃と比べて、ローンを払い終われば自分の所有物になりますのでその後は固定資産税など税金と管理費だけになるので良いかなと考えています。

[amazonjs asin=”4478021678″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”一番やさしい! 一番くわしい! はじめての「投資信託」入門”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です