有給や残業に関する考え方


矢向も年齢的にはそこそこですので、グループを率いて対応することもあります。エンジニアですのでお客様先での対応などもあります、その際、やはり残業してしまうこともあります。

大佐の残業に対する記事に共感

有給休暇を取得出来ない「隠れた理由」
https://dividend-increase-ideco.com/work/real-reason/

これは全米がスタンディングオベーションで共感レベルです。



以下の内容がタイトルで書かれています。

大佐のまとめ

内容はざっくり以下の内容で書かれています
1 有給休暇を取得出来ない「表向き」の理由
2 有給休暇を取得出来ない「隠れた」理由
2.1 合理的に有給休暇を取得していない人もいる

残業してどうするか?もちろん種銭へ

→会社からの種銭が次の銘柄を購入する新しい種火になりますので、どんどん残業して残業代をいただければよい活動になるかと考えています。
もちろんその為に、頑張れる振りも満点です。インフラ業界でのスキルセットも最強です。(本当に、エンジニアにも当たり外れはあります。会話ができない、何考えているかわからない様な方も多々いますし、朝起きれない方も仕方なく雇われていたりします。)

有給休暇を取得できない理由

→大佐の書かれている「有給休暇を取得出来ない隠れた理由はズバリ、「生活残業をしているから」です。」に賛同です。
追加で記載すると、自分の場合、ハイパワー男子なので案件を依頼されたら「ぺんぺん草ひとつ生えない状況」にして終わらせます。
(ハイパワー男子なところは、多い時で10人チームでプロマネ兼、下からあげてくる設計の チェックもしていればそれなりの稼働はかかります。管理職側はその稼働がどれくらいかかるのかわかっていないのがミソ。)

自分の場合、生活産業しちゃおうかなといいリアルに資料を作ってますね、何とか追われる程度がいいのですが本当に終わらないときおあります。

さらに言うと、大体案件の対応内容でもめないのですが、いろいろとおとなな事情でもめることがありますここらは、IT業界の暗闇です。

まとめ

→ガチ系で能力、受注額に対して給料がいただけるのであればいくらでも高い金額で自分のグループのスキルを提供します。
矢向さんが対応する場合1か月あたり300万ですよと言い、会社と折半して150万もらえるような体形がとれるのであれば、いくらでも対応します。
しかし、私が働いている会社様では、そういった給与体系ではありませんので、基本給と能力給以上の給料を頂こうとすると残業代でいただくしかありませんからね。

では、新入社員の方には世の中の闇をお伝えしましたが今後も頑張っていただければと思います。

カテゴリーに「仕事」がないため、資産運用に入れておこうかなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です