2018年の資産運用メモ


年始から今年の投資方針?について記載しました。

内容は、今までと変わらずです。

■自分の生き方は自分で決める

自分の人生をきりひらけるのは自分だけ、仕事もお金も一緒です。
学校では決して「大切なこと」を教えてくれない

大切なこととは?選ぶことかなと思っています。例えば以下の様なこと。
・自分の好み
・相手を思いやること
・何に時間を費やせばよいか

学校の教師は、人生を全てわかっているわけではありません。
少し先に生まれ、自分が知っていることを若い世代に伝えることだと思っている。

投資で選ぶこととは?

人生を決めるのは自分であって「雑誌やツイッターで書いてたから」で自分自身の考えでどういう投資をするかを考えることを諦めたら「ダメ」ですよ

もちろん、ベンチマークへへの投資インデックスファンドへの投資も「いいと言われているから」おこなうのではなく、内容を理解した上で投資するのは有りだと思っています。

個別株について

結果的に好みに対して偏りを持つ人間らしさが運用にあってもいいのかと思い個別株運用に至ると

まぁ、今までの運用ではなく「人間らしさ偏りを取る運用」であって、
「個別株だから儲かる」と思って運用してません♪

株価指数に劣ることも多くありますが、自分が選んだ結果ですので気にしないことにいています。

基本的に個別株運用で考えること

1.「企業の価値と株価の間のサヤ取り」
2.「成長企業へのベット(賭け)」

矢向が個別株運用で考えていること

「伺ったことがある、これからこういうことをしてみたい」などに想いを馳せることが多いかなと思っています。何にせよ目的が有り個別企業に興味があるか、グローバル経済全体を考えたいかによって資産の運用方法は違うということ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です