2018年資産運用メモ3/3


運用に対する考え
農家になるためにサラリーマンとして働き、野菜農園を作るための費用が給与に入っていたとします。
本業での稼ぎを元に毎年毎年少しずつ農園を作っていき定年になるころには「ぶどう畑」や「稲作」ができるように成っている。
老後に好きな畑の面倒を見ていくためのプロジェクトが就労期間なのかもしれない。

実は農園(パラダイス)を作るお金と知らず、給与から身の丈以上の住む家を買ってしまったり、いいものを食べすぎてしまってないだろうか?
足るを知る ”I know enough”
もう一度、収入と今後を考え直したほうがいいのかもしれない。
1年間は数%とのリターンかもしれませんが、数%の成長って物凄く欲張りですので考えてみてくださいね。
★自分の資産を大きくしたいという欲望は誰もが持っている気持ちですが
 常に増やし続けることを保つ必要があります。★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です