2018年のお金の運用について


2018年の運用の目標額の設定(目標額は+311万)が終わり、後はどういった運用をしていくかかなと思っています。

■キャッシュorシェア・ストック(株)について
基本的にNISAの上限までは買い進める予定。ただし、「何を買う」かはまだ未定。
買っていきたいセクターは、総務人事代行関連もしくは、外食関連を想定している。理由は、何がなくても食は大事かなと考えています。
そして対象の企業は急に伸びることがないことが安心の種でもあります(業績に急な上昇、急な下落がない方が安心と考えています。)

■資金不足
2017年末から書斎を作りはじめて、エアコン、本棚、ベット、カーテンなどを購入したため年始からNISAに向ける
資金が不足している。
やはり普通のサラリーマンが年間で120万円分買い足すのはかなり難しいかも知れない。

■仮想通貨について
仮想通貨ですが、複数の種類が出てきて何がどんな特徴があるのかさっぱりわかりません。
調べていな自分が、、素人なだけんですが難しいですね。

■通貨の仕組み
私自身精通しているわけではないので以下のURLを参考にしています
https://bitcoin-matome.info/consideration/bitcoin-vs-ripple/

■ビットコイン
ビットコインの仕組みは、P2Pで取引をされている点と、金や銀のような鉱物と同じく、採掘できる総量に
限界がある。
また、採掘作業が進むにつれて、ビットコインの残量が少なくなります。
そうすることで、発掘のハードルが上がる仕組みになっています。

■リップル
リップルの仕組みは、ビットコインの欠点を補った暗号通貨。
リップルがビットコインと大きく違う点は、単一のオンライン通貨ではないということです。
1リップルの料金を支払えば、ドル、ユーロ、円、さらにビットコインでさえ、金銭を送受できる。
1,000億リップルが流通した後は、新たな Ripple は作られない。
Ripple は金銭取引サービスのためのトークン。

しかし、どちらにしても仮想通貨ということは、どこかのタイミングで利用できるようにならなくては「通貨」として書かれている意味を成さなくなってしまう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください