2018/6 運用結果メモ(上期メモ)


2018年上期 資産決算

ツイッターを見た利回りを見ているとふとこんなことを思うことがある。これ以上の分散は管理が難しいとも考えています。

■分散した結果、管理が難しいと考える理由

 ・株式投資している企業への投資している意味を失いそう
 ー最初に株を買ったときにどうしてその企業を選んだか買い増したいか
 ・企業の決算のチェックが全くできていないことがあります

■資産ハーフ億達成

 2018/6/ 3時点 合計資産 \49,814,372
 2018/6/30時点 合計資産 \51,215,316
 前月比(前回比)    +\1,400,944

■資産ハーフ億までの道のり1

 私は、2007年10月10日に初めて投資を始めました。
 今となってはずいぶん昔のことになります。
 そのときに購入した商品は、新生銀行のHSBCインドオープン、HSBCチャイナオープンという
 2つの投資信託から資産運用をはじめました。
 今では投資信託は運用者がわかる投資信託をいくつか

■資産ハーフ億までの道のり2

過去、金融商品を購入し始めてからExcelでまとめていました。
ただし、過去についてはそれほど細かく毎月月末にまとめるということをしていませんでしたので、資産取得日が8月、10月、11月だったりしています。
資産取得日 合計資産   増減額   増減率
2007/10/10  ¥961,463   0      0  %
2008/1/4   ¥1,952,510  ¥991,047  103.08%
2008/11/14  ¥1,125,291  ¥-827,219  -42.37%
2009/6/12※1 ¥12,520,353 ¥11,395,062 1,012.63%※1
2010/1/4   ¥13,000,908 ¥480,555   3.84%
2010/6/26  ¥13,190,352 ¥189,444   1.46%
2011/1/1   ¥16,750,653 ¥3,560,301  26.99%
2011/6/25  ¥15,409,560 ¥-1,341,093 -8.01%
2011/12/31  ¥15,780,401 ¥370,841  2.41%
2012/7/5   ¥17,112,604 ¥1,332,203  8.44%
2013/1/4   ¥15,011,645 ¥-2,100,959 -12.28%
2013/7/13  ¥17,791,211 ¥2,779,566 18.52%
2013/12/10  ¥17,910,022 ¥118,811 0.67%
2014/6/22  ¥18,490,777 ¥580,755  3.24%
2014/12/28  ¥23,325,934 ¥4,835,157 26.15%
2015/8/9   ¥28,714,970 ¥5,389,036 23.10%
2015/12/31  ¥30,700,658 ¥1,985,688 6.92%
2016/7/18  ¥31,674,592 ¥973,934  3.17%
2017/1/1   ¥34,487,398 ¥2,812,806 8.88%
2017/6/22  ¥39,961,000 ¥5,473,602 15.87%
2017/12/30  ¥49,569,824 ¥9,608,824 24.05%
2018/6/30  ¥51,215,316 ¥1,645,492 3.32%
※1:2009年から資産にSBIネット銀行、定期預金、普通預金、養老保険を追加、また、定期預金や養老保険は満期後、投信や株式で運用を実施した。

■資産増加に対する考察

 2014年後半から資産の伸びが急に進んでいる感じがしている。
 自分の中で何が起きたか?をたどってみました、
 まずは結果からの推測だが、いくつか個別銘柄をか始めた時期、個別銘柄が、すぐに実りをもたらした時期と重複する。
 ・買付日14/02/05 対象企業 8876 リログループ
 ・買付日15/01/07 対象企業 3073 DDホールディングス
 ・買付日13/01/28 対象企業 4912 ライオン
 ・買付日13/07/26 9887 松屋フーズ
 ・買付日14/01/28、14/04/14 対象企業3387 クリレスH
 と銘柄管理などにかける時間と、リターンを考えると「何を優先するか」ということは非常に難しいことだと感じます。
 自分自身、本来聞くこと、まとめることが好きなのでこういうブログを書くことも好きです。
 経験したいこととして「企業を知ること」、「企業の社会へのインパクト」などを知りたいと思っています。
上記のようなことが2018年上期の資産運用をしながら感じたことになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください